まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

時事ニュース

猫も杓子もポケモンGO

投稿日:2016年8月5日 更新日:

LINEで送る
Pocket

公園

ポケモンGOとグラノヴェッター

 色々と話題に事欠かないポケモンGOですが、このゲームがなぜこんなに流行るのか、グラノヴェッターの閾値の考え方で説明ができます。
 グラノヴェッターは、群衆が暴動にいたる仮定についての話で知られています。
 暴動は、流行にも置き換えることが可能でしょう。

 Aという町の広場に、学費の値上がりに抗議するために学生が集まっています。
 その中に、扇動者が1人います。
 扇動者が石を投げます。
 それにつられて、2人目も石を投げる。
 3人目の人物は、ほかの2人が石を投げているなら自分も加わる。
 4人目5人目……と続いて、あっという間に学生たちは暴徒と化しました。

 別の場所、B町にしております。
 こちらも、学費の値上がりに抗議するために学生たちが集まっています。
 同じく、扇動者がいます。
 扇動者が行動を起こす。
 2人目が石を投げる。そして3人目と続く。
 しかし、4人目に続く人物がB町にはいません。
 するとどうなる。
 鎖がこの時点で断ち切られるわけです。

 A町では、学生は暴徒と化して、町はめちゃくちゃです。
 B町は、わずか3人の学生が石を投げて抗議しているだけです。
 結果に、とても大きな差が生まれました。
 A町とB町では、わずかな違いしかないけど、結果は大違いになっのです。

 ポケモンGOがこれだけ流行ったのは、連鎖が続いた結果といえるでしょう。

 とは言っても――ある事象が起こった後に、その理由を後付けするのは簡単なので、上記の説明も、多少は無理矢理感はあります。
 つまり、流行った理由は「よく分からない」というのが真相でしょう。
 けど「わからない」って言われる気持ちが悪いですよね。
 無理矢理でもいいから理由を付けると、安心するというか。

 流行った後に考えると「流行って当たり前」と思えるから不思議です。
 こういうのって、狙って出せるものではありません。

なにかが流行るというのはどういう現象か

 何かがブームになった場合、他の人がやっているからとりあえずやってみる、という人たちが出てきます。
 本のベストセラーでもそうですが、普段は本を読まない人がつい買ってしまう。
 だからベストセラーになります。
 ポケモンGOも同じで、普段ゲームをやってない人までポケモンGOをプレイしている可能性は高いです。
 ま、ほかのスマホアプリの起動時間が激減した、というデータもあるので、この考えは間違っている可能性はありますが。

 ポケモンGOに限った話じゃないけど、何かが話題になると、すぐにそれに飛びつく人っています。
 自分も、確かにそういう部分はありす。
 たとえば、テレビドラマを見ていると、美味しそうなラーメンが出てきた。
 そうするとやっぱりラーメンが食べたくなります。
「ルパン三世 カリオストロの城」を見たら、ミートボール入りのスパゲティを食べたくなるし、赤いきつねを買ったりします。

 自分も一応インストールはしたんですけど(笑)
 普段GPS切ってるから、正常に動作しませんでした。
 ブームが下火になったぐらいにプレイしてみようと考えています。
 いまの時期(ポケモンGOの流行時)に屋外で、スマホを持ってウロウロしているのはなんか恥ずかしいですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-時事ニュース

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.