まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

アドレスV125(通勤バイク)関連

アドレスV125の駆動系の整備について

投稿日:2016年7月20日 更新日:

LINEで送る
Pocket

アドレスV125を正面から

アドレスV125の駆動系整備サイクル

 アドレスV125の駆動系の整備について考えてみます。
 駆動系のメインは、ドライブベルト、ウェイトローラーです。
 クラッチもあるけど、自分はやったことはありません。
 走行距離が10万㎞とかならクラッチの整備もしたほうがいいのかも……。
 正直、そこら辺は分からないです。

 ウェイトローラーの記事については以下をご参照ください。
アドレスV125のウエイトローラーのグラム数は

 2~3万㎞ほど走行しているなら、ドライブベルトと、ウェイトローラーの整備はしたほうがいいと思います。
 自分のアドレスV125は走行距離はおよそ4万㎞で、駆動系の整備は、今までに3回実施しています。

 最初は12000㎞のとき。
 ドライブベルト、ウエイトローラーを交換。
 ついでにミッションオイルも交換。
 ミッションオイルは駆動系のところにあるので、駆動系整備のときについでにやると工賃が浮きます。
 ま、ミッションオイルは、そんなに頻繁に交換する必要はないでしょう。

 2回目は、24000㎞のとき。
 ドライブベルト、ウエイトローラー、ミッションオイルも交換。

 3回目は32000㎞のとき。
 ドライブベルトとウエイトローラーを交換。このときはミッションオイルは交換せず。

 駆動系の交換サイクルは、自分の場合は8000~12000㎞ですが、これはちょっと早いと思います。
 1万5000~2万㎞ぐらいのサイクルでいいのではと思います。
 個々の使用状況によるので、それが絶対というわけではありません。
 もし多走行など酷使している場合は、早めに交換したほうが吉でしょう。
 時々ちょい乗り程度という乗り方なら、3万キロぐらい何もしなくてもいいかも。
 年数によっても部品は劣化するので、あまりに古い場合はやっぱり整備したほうがいいですが、やはりそれも個々の状況によると思います。

アドレスV125の駆動系の交換費用

 バイク屋さんによって異なりますが、駆動系の整備は、部品代(ベルト、ウェイトローラー)も含めて、1万5000円前後ぐらいだと思います。
 ウエイトローラーは、置いてない場合があるので、事前にバイク屋さんに確かめたほうがいいと思います。
 自分が行くバイク屋さんは、ドライブベルトは置いているけどウエイトローラーはありません。
 なので事前に注文しておくか、持ち込みです。


 駆動系は自分で整備する場合、特殊な工具が必要です。

アドレスV125の駆動系を整備しないとどうなるか

 アドレスV125の駆動系を整備せずに乗り続けると、色々と悪影響が出てきます。
 専門家ではないから確かなことは言えませんが、徐々にスピードは落ちるでしょう。
 加速が鈍ったり、最高速が落ちたりすると思います。

 時々、掲示板とかでみますが、20~30㎞/hしかでないとかの症状は、駆動系のトラブルの場合が多いです。

 アドレスV125の駆動系を整備せず、ずっと乗り続けていると、最悪、ドライブベルトが切れて、全く動かなくなります。
 エンジンは動くけど、動力が後輪に伝わらない状況です。
 走行中にドライブベルトが切れると、いきなりエンブレがかかる状態でとても危ないです。

 駆動系はそんなに頻繁にする必要のない整備ですが、乗り続けるなら確実に必要な整備のひとつです。 

 オイル交換以外のタイヤ交換や駆動系の整備については以下の記事を参照ください。
アドレスV125の7年間の整備記録

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-アドレスV125(通勤バイク)関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.