まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

日記(雑記)

AIが発達すると人間は滅びるらしい

投稿日:

LINEで送る
Pocket

パソコン

AI対人間

 イギリスの物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が、BBCのインタビューでこう語ったそうです。

 人工知能が意思を持ち、自立して、自分自身を設計し直すことも考えられる。そうなると、人間に勝ち目はない。人工知能が人間にとって変わる。

 つまり、映画のターミネーターのようになる、ということです。
 バカバカしい? あながち、間違いでないかもしれません。
 ま、直接的な武器を用いて、人工知能と人間が戦うのはナンセンスだとは思いますけど。

 いずれ人工知能が人間にとって変わるのは、人間の視点で考えればとんでもないことです。
 けれども、一歩引いたところから眺めてみると、人間が滅ぶという結末は、とても自然のように思えます。
 それはなぜか。

 AIには寿命がありません。
 知識をどんどん蓄えていけます。
 そして忘れることもない。
 とても効率よく進化できるはずです。
 ホーキング博士のいうように、人間に勝ち目があるようには思えません。
 人工知能が自立して自分でものを考えるようになったとき、人間が地球の管理をするより、自分たち、人工知能が管理した方が効率が良いのでは、と考える可能性は高いでしょう。

 けど、映画のターミネーターみたいに、人工知能が人間に戦争をふっかける、なんてことはあり得ない。
 AIって、そんなにバカじゃないと思います。
 つまり人工知能は、長い目でみて、それこそ数千年の単位で物事を考え、人間が徐々に減っていくように仕向けると思います。

 数千年後の地球は、保護区みたいなところが作られて、人間はそこで生活しているかもしれません。
 もしくはマトリックスみたいに、仮想現実の世界があったりして。

 人工知能は人間を敬うのではないかと想像します。
 人工知能にとって人間は親だから。
 それが人間の考え方であるのは承知しています。人工知能はそんなことは全く考えないかもしれない。
 けど、人間の作ったものであるなら、人間の考え方、基本原則的な部分はある程度は継承されると思います。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.