まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


雑記など

猫を飼うときの月額費用

投稿日:2016年7月24日 更新日:

LINEで送る
Pocket

月額いくら? 猫を飼う費用

 猫を2匹飼っています。
うちの猫
 ふと、月額いくらかかってるんだろうと疑問に思いました。

 月額費用を考える前に、初期費用についてですが、猫を飼う場合の避妊や去勢についての費用は、うちの猫の場合は結構高額でした。
 避妊や去勢を行わないと、発情期はとてもウルサくなるし、いずれは子どもを産んでしまいます。
 子猫を飼うことが出来ればいいけど、そうじゃない場合は、保健所に連れて行く、もしくは野良猫化することになりますが、そうなってからでは遅いので、猫の子どもを育てることが難しいなら、早めに避妊、もしくは去勢手術をするべきです。
 猫――犬でもそうですが――を飼う場合、避妊や去勢はセットと考えた方がいいです。
 猫は15年前後は生きるので、その間しっかりと面倒をみることができるのか、という点も考えなければなりません。
 捨てることは問題外。絶対にやってはいけないことです。
 捨てるぐらいなら、保健所に持っていくほうがいいです。
 保健所に連れて行けば高い確率で殺処分になるはずですが、捨てるよりはいいと思います。
 当初と事情が変わって飼えなくなる場合もありますから……
「猫」ミーの若い頃 うちにはメスとオスがいるんですが、メスは避妊手術は済ませて、オスも去勢手術済みです。
 子猫のときに三種ワクチンを摂取済み。
 結構これが費用がかかりました。
 保険とかないし、近くに動物病院が1軒しかないせいか割高でした。
 うろ覚えですが、避妊手術3万円、去勢で2万円ぐらいだったような。
 ワクチン接種は1回およそ7000円でした。
 猫を飼い始めると、えさ代のほか、1匹につき確実に3~4万円は消えると覚悟しておいたほうがいいです。

 さて、本題の月額費用ですが、2匹の猫のえさ代と砂代を計算したところ……なんと1400円ほどでした。

 餌は3㎏あれば、2匹の場合、ほぼ1ヶ月ぐらい保ちます。
 1袋800円と計算して、1匹あたり400円前後です。よく食べる猫なら1.5倍として600円ぐらいです。

 餌は高額なものは避けたほうがいいと思います。缶詰をメインにすると、それしか食べなくなることもあり得ます。その場合は費用が跳ね上がります。

 砂については、コストコで3ヶ月に1回ぐらい購入しています。
 砂は1000円で3ヶ月は保つから、1ヶ月あたり300円程度です。
 ということは、えさ代と含めて1400円……。1匹あたり700円……。

 ネットで調べてみると、猫1匹あたり月額5000円かかるとかざらにありますが、ずいぶん贅沢な猫だなと思います。
オスの猫 ▲こちらはオス猫です。

 まとめとして、猫1匹にかかる月額費用は、餌代と砂代で700円前後です。高くても千円は超えないはずです。

 初期費用として、避妊や去勢手術の費用は2~3万円。ワクチン接種は7000円前後かかります。
 もし病気になって動物病院に連れて行けば、簡単な診察や治療でも1万円前後、もし手術となったりすると数十万円かかる場合もあります。心配ならペット保険に入るのもいいかもしれません。

 そのほか、首輪や、爪研ぎ用の器具、おもちゃ、のみ取り用の薬品など、生活にかかる出費も加わります。
 餌代や砂代は安いけど、トータルで考えると結構な金額になるので、飼う前にその点も考えたほうがいいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2020 AllRights Reserved.