まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

高齢ドライバーは、免許を返納すべきか

   

LINEで送る
Pocket

自動車内部

高齢者ドライバー

 高齢者ドライバーは免許を返納すべきか。
 耄碌しているなら返納すべきでしょう。
 高齢でも、しっかりしている人なら大丈夫だと個人的には思います。線引きは難しいけど。

 何歳から高齢者か、という問題も難しいとは思います。
 80歳を超えていてもしっかりしている人もいるし60過ぎで耄碌している人もいる。
 自分は大丈夫と思っていても、実は大丈夫じゃない可能性もあるし。

 都市部なら、公共交通機関が発達しているから車は運転しなくても問題ないと思います。
 田舎だと、車がないと日々の生活に不便ということもあるでしょう。
 歩いて15分の所にスーパーやコンビニがある、という程度ならまだいいけど、一山越えないとお店がない、という田舎だと(日本でもざらにあるでしょう)、車がないと生活できないと思います。
 山を越えて、お店で買い物して、また山を越えたら、ちょっとした買い物でも2時間とか3時間かかるだろうし。

 いまは流通網が発達しているから、買い物は通販で済ませればいいと思いがちですが、ネットで注文する方法を知らない人もいるわけで、そういう人はじゃあどうするの、ということになります。

 結構前の話ですが、自分がバイクに乗っていて、右折しようと道路のセンターラインのところに停車していました。
 対向車線側が結構詰まっていて、しばらく待つことになりそうでした。
 普通に停車して待っていたんですが、つまり、じりじり前に進んだりはしていません。
 右ウインカーを出して完全に止まっていました。

 対向車線側の車が、自分の目の前で突然、急ブレーキをかけて止まりました。
 え、なんで急ブレーキ? と思ってドライバーを見るとお爺さんです(知らない人)。
 こちらを唖然とした顔で見つめています。

 そのときは、そのお爺さんの車は、曲がるつもりが行きすぎたから急ブレーキを掛けたのかな? と思ったんですが、あとで考えてみると、こちらの勝手な予測だけど、自分のバイクを認識したのが、遅かったんだろうと。
 お爺さんにしてみれば、イキナリ斜め前にバイクが現れた。
 うわ。
 とびっくりして急ブレーキをかけた。ということなのだと思います。
 ちなみにお爺さんの後ろには車はいませんでしたが、もし車がいたら追突していたかも。

 こちらがじりじり前に進もうとしていたとかなら急ブレーキも理解できるんですけどね。
 合流や右折で、じりじり前に進むのは、免許取ったばかりの初心者とか、サンデードライバーなどに多いです。
 もしくは、停止線があるところまで、結構なスピードを出したり。
 そのような運転は、周りから見れば、どうしたいのか分からないから誤解を招いて危ないと思います。

 右折待ちで停車していただけなのに斜め前で急ブレーキをかけられて、こちらがびっくりでした。
 そういう高齢者は、車の運転はすべきではないと思います。

関連ページとスポンサーリンク

 - 日記(雑記)