まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

無職生活

とある新しい会社の面接を受けたときの話

投稿日:

LINEで送る
Pocket

履歴書

就活を中断します

 職業訓練のあと就活していましたが、家族の入院などがあって、しばらく就職活動をやめることにします。
 半年か1年間ぐらい。
 以前から半ば考えていたことですが、パソコンでできる仕事がいくつかあるので、それをメインにやってみようと思います。
 空いた時間にできるから、時間的な融通がききます。
 しかし、今月から始めて、来月に収入が10万円20万円になるわけではなくて、予想ですが、半年ぐらいは収入の面は厳しいでしょう。
 それに半年、もしくは1年がんばったらこれだけ収入がありますよ、という確約があるわけでもないし。
 ブログの広告収入も多少あるので、生活費の足しにはなりますね。

 その在宅の仕事が軌道にのるまでは金銭的に大変だから、週3日ぐらいアルバイトをして生活費を稼ぎつつ、空いた時間でフリーランサーとして活動しようと考えました。
 で、家から10キロぐらいのところに、ネット関連の会社があって、アルバイトを募集していたので応募しました。
 週3日間。
 その会社、起業はついこの前で、従業員数はデータによると0。
 自営をしていたけど、それが上手くいったので、従業員を雇おうということのよう。

 書類選考が通ったので面接に行きました。
 指定された場所は普通の民家でした。

 指定の時間にお伺いすると、ドアから入ったところに机と椅子が置いてあって、面接の最中でした。
 社長(たぶん)と、スーツを着た女性が話しています。
 脇で待つ形になったので、会話が自然と聞こえてききました。
「選考の結果については、こちらからは連絡しません。応募者様のほうから問い合わせをお願いします。うちは自主性を重んじますので」

 ん? 選考に合格しても、会社側からは知らせない? 応募者側から連絡して、そこで会社が知らせる?
 うーん。
 よく分からない論理です。
 ま、最初から話を聞いていたわけではないから、誤解している可能性もあるんですが。

 やがてその女性の面接が終わり、自分の番になりました。
 社長は、さわやかな好青年という感じの人でした。
 挨拶を交わした後、面接の説明を受けました。

「うちは会社は小さいんですが、面接について一流企業並みなんですよ。人は大事ですから、力を入れてます」
 選考は以下の流れだと説明されました。

 一次面接。
 スキルテスト。
 性格テスト。
 学力テスト。
 適正検査(SPI)。
 二次面接。
 三次面接(ない場合もあり)。

「選考に少し時間がかかるのですが、大丈夫でしょうか?」

 そういえば、求人の説明のところに「会社は小さいけど、面接は一流企業なみにします!」と書いてありました。
 同時に「即日採用もある」とも書いてありましたが。
 会社は小さいけど面接はばっちりやる、というのは、会社にとっては好都合だけど、求職者には利点はありません。
 雇うのは会社で、お金を払う立場だから、人を雇うのに慎重になるのは分かりますけどね。

 選考はおそらく、どんなに早くても3週間ぐらいかかるでしょう。
 普通に考えれば1ヶ月半ぐらいはかかりそう。
 内心、こう思いました。
 週3日のアルバイトなんですけど?

「辞退してもいいでしょうか」と断りをいれて、帰りました。
 アホらしい。
 もし、選考に1ヶ月もかかって、結局不採用なら時間の無駄になります。お互いに。

 選考を大手企業と同様にするなら、会社の規模や福利厚生なども、大手とはいかないまでも、中小並みにしてからじゃないでしょうか。
 これが正社員待遇とかなら理解できるんですけどね。
 週3日のアルバイトに、選考期間が1ヶ月はあり得ないと思います。

 ちなみに採用の場合も「交通費なし」
 色々と求人を見ていますが「交通費なし」というのは珍しい。
「会社規定による」とか誤魔化しているところもありますが、たいていは月額1~2万円までが多い印象です。
 シブいところだと5000円とか。

 まあとりあえず御縁がなかったということで。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-無職生活

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.