まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

5年後に日本の自動車メーカーが半分消滅する?

   

LINEで送る
Pocket

自動車内部

日本における自動車メーカーの未来

 アメリカのNBCテレビが、とある業界分析レポートを取り上げました。
 それは「5年後には、日本の自動車メーカーは激減し、3社、ないし4社しか残らない」というもの。
 不祥事を起こした三菱自動車が日産自動車の傘下に入りましたが、今後もそのような再編が行われる可能性が高いとのこと。

専門家の意見なんてあてにならない

 端的に言えば「当たるも八卦、当たらぬも八卦」
 専門家の予測なんて占いみたいなものだと思います。

 専門家の予測が正しいとは限りません。
 なんと、素人と専門家の未来予測には、ほとんど差がないという研究結果もあります。

 1980年代後半、心理学者フィリップ・テトロックは、ある実験を行いました。
 政治学の専門家数百人に対し、カナダは崩壊するかどうか、東欧諸国で何が起こるか、はたまたEUは成功するか否かなど、幅広い分野に対して意見を求め、その予測を集計しました。
 結果がでるまで、25年の歳月が必要でした。
 およそ8万2000件の予測の結果は――ほぼ五分五分でした。これの意味するところは、専門家のたてる予測がいかに信憑性がないのか、ということでしょう。
 結果が五分五分ならば、素人とたいして変わらない、という意味になります。

 専門家の言うことが間違い。――ではなく、専門家の言うことだからといって、それが正しいとは限らない、ということです。

 だから、悲観的な専門家のレポートが出たからと言って、慌てることはないと思います。
 とはいっても、自動車業界の将来が安泰か? となると、それはまた別の話でしょうが、あまり明るい感じはしないですね。
 別に自動車業界に限った話ではありませんが。

関連ページとスポンサーリンク

 - 日記(雑記)