まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

雑記

居酒屋などにおける無銭飲食の手口

投稿日:2014年12月20日 更新日:

LINEで送る
Pocket

お刺身の盛り合わせ

詐欺師が食べに来る

 無銭飲食の手口を紹介します。
 お店のほうがどうしても弱いです。
 詐欺師は、いわば攻め込む側ですから、時期や時間を自由に選べます。
 お店は、詐欺師が来るとは基本、想定していないし、詐欺師側はチャンスがなければ強行はしないでしょうから、発覚したときは手遅れという場合が多いです。

 まず、出来たばかりのお店が狙われやすいと思います(オープンして2~3ヶ月目ぐらい)。
 従業員が慣れてない、ということですね。
 週末、混んでいる時間帯はどうしてもお客さんの動向に注意を向けることが出来ません。
 詐欺師は、そこに付け入るわけです。

詐欺師の特徴

 詐欺師の服装ですが、普通の場合が多いです。
 見るからに怪しい、という服装(路上生活者のような)は少数派でしょう。警戒されますから。

 複数で来店し、普通に注文して、財布はテーブルの上に置きます。
 札が見えるようにします。
 店員に、おれたちはお金持ちだよ、ということをさりげなくアピールします。
 軽そうな店員にちょっと話しかけたりして、仲良くなったりもします。

そして、誰もいなくなった

 食事が終わると、1人ずつ消えていきます。
 最後の1人は、店員が忙しそうにしているときを見計らって席を立ち、店外へと行きます。
 もし店員が呼び止めたとしても「会計は終わっている」と言い訳をします。
 あとで確認すると、未会計だった、というわけです。

 問題なのは、詐欺師と普通のお客さんとの区別が付かない、ということですね。
 あと、詐欺師にしてみれば、言い逃れも簡単です。
 払うつもりだった、もしくは、誰かが払ったと思っていた、とかなんとか。
 それが嘘であると即座に確かめるのはきわめて困難です。
 店側はお客さんを無銭飲食扱いはできませんから、強気にでるわけにはいきません。
 間違いだった場合は、とても失礼ですし。
 オープンしたばかりのお店はご注意ください。

無銭飲食の対策

 怪しかったら、どんなに忙しくても、担当の者を決めて貼り付けておけばいいです。
 店長など責任者が好ましいですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-雑記

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.