まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

日記(雑記)

横断歩道の手前で止まったら後ろの車が追い越して歩行者をはねた、という話について

投稿日:2016年4月2日 更新日:

LINEで送る
Pocket

歩く女性

法律上では正しくても……

 ちょっと前にツイッターで話題になっていた話です。
 自動車を運転中、小さな女の子が横断歩道を渡ろうとしていたのでその手前で止まったところ、後ろからきた車が追い抜いてその女の子を撥ねてしまったとか。

 みんな、止まった車は悪くない、落ち度はゼロ。追い抜いた車のほうが悪い――と言っていましたが、確かにその通りですが、結果的には事故が起こっているわけで……とはいっても、結果論でものを語るのは事後の正当化というか、アンフェアではあります。
 ですが、もし、自分が当事者だった場合……女の子が横断歩道の手前にいたら、自分ならまず、後ろを確認します。
 何もいなければ、止まります。

 すぐ後ろに車がいる場合は、歩行者には申し訳ないけど、そのまま突っ走ります。
 微妙なのは、女の子が手を上げている場合。この場合は、恐らく後ろに車がいても、止まるかもしれません。歩行者が手を上げるのは「横断歩道を渡る」という意思表示なので。

 横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいるから、その手前で停まる。
 法律的にはもちろん正しいけど、その結果事故が起こるなら、ベストな選択とは言えないと思います。
 どうやら女の子は軽傷で済んだようですが、ひょっとしたら死亡していたかもしれません。

 道路交通法が絶対に正しいとは限りません。
 おかしな世界、理不尽な世界だけど、そういうものだと思いますね。

 話は少しズレるけど、たとえば制限速度をきっちり守って道路を走っていると、制限速度を守らない車に追いつかれます。
 法律を守ると、法律を守らない輩から嫌がらせを受けたりします。

 上記、横断歩道の手前で停まった車の運転手も、後ろから追い抜いて女の子を撥ねた車の運転手から文句を言われたそうです。
 文句を言うほうがおかしいし、実際警察から叱られたのは撥ねたほうの運転手とのことですが(当たり前)、私はこの横断歩道手の手前で停まった運転手が100パーセント正しいとは思わないです。

 正しいか正しくないか、ということなら正しい。
 しかし、ベストな判断とは言えない。
 法律は事故を防ぐためにあるのではないでしょうか。
 だから、事故を防ぐためなら、法律を破ってもいいと思います。賛否はあると思いますけど。

 横断歩道を渡ろうとしている人がいたら、後ろなんて関係なく停止する人もいる。
 これは記憶しておいたほうがいいですね。
 もしその状況で何かが起こったら、その停まった人が正しいのは間違いないので。

 死角がある状況で、むやみに追い抜きとか追い越しとかやらないほうがいいです。
 とはいっても、死角って、見えてないから死角になっているので、なかなかな難しい所ではあります。

 関連記事については以下をご参照ください。
歩行者を優先する4輪と、そのまま突っ走る4輪の違い

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.