まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

日記(雑記)

歩行者を優先する4輪と、そのまま突っ走る4輪の違い

投稿日:2016年3月6日 更新日:

LINEで送る
Pocket

歩く女性
※初めに断っておきますが、4輪(もしくは2輪)が歩行者をないがしろにしてけしからん! という話ではないです。

歩道に人がいて、止まる車と突っ込んでくる車の違い

 以前はバイク通勤でしたが、最近は電車に乗るようになり、従って歩く距離も増えました。
 道を歩いていると、駐車場や店舗などから4輪が出てきて鉢合わせになる場合があります。
 歩道上では、どう考えても歩行者が優先ですが、中には、時々、歩行者がいてもお構いなくその前を横切る4輪や2輪がいます。

田舎は車優先? 都会は歩行者優先?

 田舎なのか都会なのか、という場所柄も関係するようです。
 あくまで個人的な印象ですが、田舎は車優先で都会は歩行者優先かなと。
 車の運転で郊外ばかりを走っている人が、もし都会にでる場合は注意をしたほうがいいでしょう。
 田舎と同じ感覚で車を運転すると、事故を起こします。

 ところで、なぜ車(運転者)によって、止まったり止まらなかったりするのかな? と疑問に思いました。
 法律的には、歩道の手前だと一時停止が必要です。
 守っている車がいるかどうかは賛否の分かれるところだと思います。
 個人的には、人や自転車、障害物がなければ、かつ見通しも良ければ、一時停止は必要ないと思います。
 徐行で充分でしょう。
 自分が運転者の場合、標識があるならそれに従いますが。
 問題は、人がいるのに、一時停止しない車です。
 もしくは、このままだとぶつかるという進入コースでやってくる車。
 時々、そういう横暴な運転をする車がいるんですが、なぜなのか考えてみました。

人は自分を中心にものを考える

 それで、これは想像ですが、恐らく、そのドライバーは、歩行者のときは、車に道を譲っているのではないでしょうか。
 人間は自分を中心にものを考えると思うんですよね。
 自分が歩行者のとき、自分は車に道を譲る。だから、歩行者は車に道を譲るべきだ――。
 そんなふうに考えているのかも。

 逆に言うと、歩行者を優先させる4輪のドライバーは、たぶん、車を降りて歩行者になったとき、極端な言い方ですが、4輪なんてお構いなしに突っ走るタイプではないでしょうか。
 つまり、歩行者が優先されて当たり前、と考える。
 なぜなら、その人が4輪に乗っているとき、歩行者を優先させるから。

 中には、歩行者のときは何が何でも歩行者が優先だ! と車なんてお構いなしに歩いて、車に乗ったときは、車が優先だ! と歩行者の前を平気で横切ったりする人もいるでしょうね。
 恐らく少数派だとは思います。
 バランスを欠いているので、こういう人はどこかで破綻すると思うから。

 歩行者のなかには、ペーパードライバーとか、そもそも免許を持ってない人もいるだろうし、ドライバーも、近くのコンビニに行く時も車を出すような人だったら、そもそも歩いたりしないでしょうから、上記の予想が当てはまらない場合もあると思います。

自分自身の場合

 ちなみに自分は2輪に乗っているとき、横断歩道などで歩行者を発見したら、出来るだけ譲ります。
 後ろに車がいる場合は、その距離にもよるけど、停まらない場合もあります。停まると逆に危ないので。

 歩くときは、基本、車に道を譲るということはないです。
 ただこれは場所によります。
 幹線道路の真ん中は、4輪の走るところですから、歩行者優先と主張しても通らないでしょう。
 あくまで裏道とか、狭い道とか、もしくは商業施設の出入り口とかですね。

 もちろん、こちらが優先だからといって、何も考えずに歩くということはありません。
 出会い頭でぶつかりそうになって、たいていは車が停まってくれますが、そういうときは軽く会釈とか片手を上げるようにしています。
 それだけで、どちらもいい気分になれると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ