まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

「ベターコールソウル」関連

「ベター・コール・ソウル」シーズン2の第1話「スイッチ」の感想

投稿日:2016年2月16日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ベターコールソウルのキム・ウェクスラー

待ちに待った「ベターコールソウル」のシーズン2がスタート

 ベターコールソウルのシーズン2の配信が始まりました。
 ベターコールソウルのシーズン2、第1話の冒頭は、シーズン1と同じく、全て? が終わったあと、ファストフード店の店長として働くソウル(ジミー)の様子が描かれます。
 最初みたとき、画面に出てくる男性がソウルグッドマンとは思えませんでしたが、シーズン2も同じですね。
 身を隠して、変装している設定みたいなので当たり前ではあるんですが(髪の毛も薄くなってるし)。

 それはよいとしてシーズン2の第1話ですが、シーズン1の終盤、ジミーは裁判所の駐車場で、マルコの形見の指輪を触る場面がありますが、物語はそこからスタートします。
 なんとジミーは裁判所に入って、別の法律事務所(デイヴィス&メイン法律事務所)の人間と会います。あれ? すっぽかしたんじゃなかったのかな……と思ったんですが、とりあえず会いはしたけど、話は受けなかった、ということのよう。
 ジミーの待遇は確かアソシエイト(勤務弁護士)だったはずです。

弁護士を辞めると言い出すジミー

 ジミーは、そのアソシエイトの話を断って、弁護士をやめることに……。
 ええー! という展開ですね。
 ジミーはホテルのプールでぼんやり時を過ごします。そこにキムがやってくる。
 キムは、ジミーに、弁護士を辞めるのは間違っている、と説きます。
 ジミーは、頑としてキムの言うことを聞きません。
 そこに現れるのが、なんと「ブレイキングバッド」シーズン1の4話に出てきたビジネスマン(最後は車をウォルターに燃やされる)のケン。
 ハンズフリーの携帯で話しまくるので、とても目立ちます。
 ジミーはキムと一緒に、ケンをカモにして、高額な飲食代を払わせます。
 その勢いのまま、2人は一夜を共に……。

 終盤は、ちょっとよく分からない展開でした。
 一応、ジミーは気が変わったらしく、デイヴィス&メイン法律事務所の勤務弁護士として働くことになったようですが、演出の仕方を見ると、ジミーが夢を見ているか、もしくは妄想という感じも……しないでもない。
 いや、デイヴィス&メイン法律事務所に電話をかける直前の場面があるので、妄想や夢ではなさそうです。
 専用の部屋が与えられて、窓際に意味不明のスイッチがあって、このスイッチはタイトルとかけているみたいですが、スイッチをオフにしてもオンにしても、何も変化はありません。
 なにかの伏線なのかも……。

 どちらにせよ、色々とブレを感じました。
 ジミー自身に、判断の迷いがある、という演出なのかも。

 マイクも出てきます。
 用心棒の副業で稼いでいるよう。
 少し頼りないクライアント(薬を製造している?)は、違法な取り引きで懐が潤って、生活が派手になり、車も買い換えたりして、この車がファイアパターンのハマーでとても目立つ。
 マイクは、目立つ車は取り引きには不向きだから、そのハマーには乗らないと言い張ります。
 ここで2人は契約解消となり、クライアントは1人で取り引きに向かうことに。
 クライアントは取り引きの時、ナチョに名前と住所を知られたらしく、後で家に空き巣が入ります。
 警察を呼ぶけど、その警官はクライアントの不審な点をかぎつけて、ソファの後ろに隠されている何かを発見する。
 この回では、この話はここまでです。

 とりあえず「ベターコールソウル」シーズン2の第1話「スイッチ」は、前半部分は、シーズン1の続きですね。
 雰囲気も良く出ているし、面白いと感じました。
 後半部分はすっきりしない展開でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-「ベターコールソウル」関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.