まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

お勧めアニメ「寄生獣 セイの格率」

投稿日:2014年11月20日 更新日:

LINEで送る
Pocket

アニメ版寄生獣

 キャラが原作と変わりすぎということで前評判の悪かったアニメ版の寄生獣ですが、実際見てみると、最初こそ違和感はありますが、話の流れは原作にとても忠実でした。

アニメ版寄生獣は意外と面白い

 まだ放送途中で、第6話まで視聴した段階ですが、これは当たりだと思います。
 監督は、原作に敬意をもって今回のアニメ版を製作していると感じました。
 もし、現代風にアレンジされているのが気に入らないから見てない、という人がいたらもったいないです。

 ミギーの声優は平野綾さんですが、個人的には目玉のおやじの声優で有名な田の中勇さんが良かったです(すでに故人ではありますが)。
 第1話は、時系列が前後して分かりづらいですが、2話以降は特にそんなこともなく、淡々と進む感じです。

追記

 ほぼ最後まで視聴しました。
 面白かったけど、声優さんが、ちょっと気取りすぎなところが気になりました。
 アニメの世界に詳しいわけでもなくて素人の意見ではありますけど、台詞回しは、淡々としたほうが良かったんじゃないかと。
 力が入りすぎというか、格好つけすぎというか、そんな場面がちょこちょこと目につきました。

寄生獣の映画版も公開予定

 寄生獣の実写版映画も2014年11月末に公開予定です。


 アニメ版より面白そうですね。
 2部構成(さすがに2時間では収まらないでしょう)で、後編にあたる完結編は2015年4月に公開予定です。

 以下のリンクは映画版の公式サイトです。
●映画『寄生獣』公式サイト

寄生獣はテーマが秀逸

 人間離れしたアクションも見所なんですが、根底にあるテーマが好きです。
 物事の見方が、シビアというか公平だと思います。

 地球は、泣きも笑いもしない。

 本当にその通りで、よく地球環境を守るために云々、とかいいますが、それは結局人間が安全に生活するために、ということですよね。
 標語でも「――未来に残せ青い空」とかありますが、大きな視点で見たら、人間のエゴです。

 好きな場面はたくさんあるんですが、物語の中盤、公園で、田宮涼子が自らの赤子を新一に託す場面が好きです。

 田宮涼子が言います。
「ずうっと……考えていた……
 ……私は何のためにこの世に生まれてきたのかと……
 1つの疑問が解けるとまた次の……疑問がわいてくる……
 始まりを求め……
 終わりを求め……
 考えながら、ただずっと……歩いていた……
 ……どこまで行っても同じかもしれない……
 歩くのをやめてみるならそれもいい……
 すべての終わりが告げられても……〈ああ、そうか〉と思うだけだ
中略
 ……この前人間のまねをして……鏡の前で大声で笑ってみた……
 なかなか気分が良かったぞ……」

 このあと、田宮涼子は死ぬわけですが、新一はパラサイトに殺された母のことや、今までの出来事を思い出します。
 母は旅行先でパラサイトに襲われて命を落とすのですが、物語が激しく動き出したポイントでもあります。
 新一は、母と父が旅行から帰ってくる幻覚を見ます。
「ただいま」と母は言って、新一は「おかえり」と答えます。
 我に返った新一は、現実を見て涙を流します。久しぶりに。
 ――この場面はお気に入りのひとつです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.