まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

外で食べたもの

福岡裁判所の食堂「レストラン舞鶴」にてお昼ごはん

投稿日:2015年12月28日 更新日:

LINEで送る
Pocket

福岡裁判所の地下にある食堂に行ってみた

 福岡裁判所の地下に食堂があると聞いたので行ってみました。
 そういえば、何度か裁判所を見学したことがあって、地下に続く階段からかすかにカレーのニオイが漂ってきたことがありました。

 裁判所の地下にある食堂は「レストラン舞鶴」といいます。
 階段をおりたすぐに食堂の入口があります。
裁判所の食堂の日替わり各種
 左側に各種の日替わり定食の見本があって、右側はメニューの模型が並びます。
 お店の入口はその更に右側。
裁判所の食堂入口
 メニューですが、以下にざっと書きだしてみます。

福岡裁判所の食堂のメニュー

●日替わり「スペシャルランチ」 610円
●日替わり「田舎御膳」 610円
●日替わり「和定食」 610円
●焼きそば 450円
●焼きうどん 450円
●チャンポン 450円
●カレー 450円
●カツカレー 550円
●カツ丼 550円
●チャーハン 450円
●豚カツ御膳 610円
●パワーランチ 850円
 ほか、うどんやそば、ラーメンなどもあります。
※日替わり定食はごはんの大盛りは無料。

福岡裁判所の食堂のシステム

 裁判所の食堂は食券制です。
 店内に入って、右側にあるレジ(有人)で食券を買います。
 番号のついた札を渡されるので、それを左側にあるカウンターに「お願いしまーす」と差し出します。
 ここで気をつける点があります。
 札の番号を覚えておくこと。
「和定食7番」「パワーランチ5番」「スペシャルランチ15番」など。
 できあがったらカウンターに料理が出てきますが「和定食7番のお客様~」とか呼ばれますから、もし自分の番号を忘れると、取りに行けません。
 または他人の料理を横取りする、という事態にもなりかねない。
 逆に、自分の料理が他人に食べられることもあり得ます。
 システムが緩い感じなので、初めての人はご注意ください。
 慣れればなんてことはないですが。
 初めて行く場合は、お昼時は避けたほうがいいかもしれません。
 お客さんが少なければ、間違えようもないので。

裁判所の食堂の雰囲気

裁判所の食堂の内部
 学食のような感じ……でしょうか。
 あまり学食に行ったことがないから分かりませんが。
 12時台前半は混むと思います。
 30分過ぎると、ラッシュは過ぎるでしょうか。

 料理の出てくるカウンターの前には、フリーの配膳台があります。
裁判所の食堂配膳台
 ドレッシングやお漬け物など各種揃っています。

裁判所の食堂の和定食

 自分は、和定食を注文しました。
 610円。
裁判所の食堂の和定食
 日替わり定食は、出てくるのが早いです。
 3分もかからなかったような。
 味については……普通。

パワーランチ

裁判所の食堂のパワーランチ
 2人で行ったんですが、そちらはパワーランチを注文。
 これは、結構時間がかかります。
 10分以上はかかりました。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-外で食べたもの

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.