まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

Amazonオリジナルドラマ「BOSCH / ボッシュ」を視聴

      2016/08/17

LINEで送る
Pocket

海外ドラマ「ボッシュ」

Amazonオリジナルドラマ「BOSCH / ボッシュ」

 Amazonオリジナルの海外ドラマ「BOSCH / ボッシュ」シーズン1(全10話)を視聴しました。
 Amazonオリジナルだからといって、何か特殊な点はありません。
 発注(出資)しているのがAmazonという点だけでしょう。

 原作は、小説ですが、そちらは読んでいません。
 結構原作に忠実のようです。

 さて「BOSCH / ボッシュ」ですがジャンルは、刑事ドラマ。
 ハードボイルド系の、正統派の刑事ドラマ、という印象でした。
 外枠だけ見ると(続き物で、連続殺人犯との対決が1つの見せ場で)「デクスター」と少し似ているかもしれません。
「デクスター」は舞台がマイアミで「BOSCH / ボッシュ」は、ハリウッドなので、地理的にも近いから、似ているふうに感じたのかも。

 ありがちな刑事ドラマのように思えますが、主人公を取り巻く人間関係とか、過去のトラウマとか、丁寧に描写されていて、すんなりと入っていけました。
 海外ドラマ「ER」の新旧の受付が出演していたのはちょっと懐かしい感じです。

 主人公ハリー・ボッシュを演じるのは、タイタス・ウェリバーという俳優さん。
 なんというか個性的、いや野生的というべきでしょうか。
 シブいです。
 タフで(なで肩なのは鍛えた証拠でしょうか)、正義感が強くて(そのくせ禁煙場所で喫煙はしますが)、扱っている事件に思いっきり私情を挟んだりするし、新人の女性警官とは簡単に寝るし、こう書くとあまり魅力的ではないように思えますが、まあボッシュならありなんじゃない? と思わせる魅力があります。

 最後は、何か事件でも起こるかと思ったらあっさりと終わって肩すかしでした。
 ものすごくハラハラドキドキで、最後の大どんでん返しがすごい! というドラマじゃないけど、内容は水準以上だと感じました。 
 シーズン2の制作も決まっているようで、配信されたらすぐに視聴しようと思います。


BOSCH / ボッシュ 憂鬱なクリスマス

関連ページとスポンサーリンク

 - 映画、海外ドラマ、Huluやアマゾンビデオ関連など