まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

「ホームランド」関連

海外ドラマ「ホームランド」シーズン3の感想

投稿日:2015年11月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ホームランドのキャリー

「ホームランド」シーズン3の感想

 アマゾンプライムビデオで「ホームランド」シーズン3を視聴しました。全12話。
 大まかなストーリーですが、触りだけ紹介します。
 ブロディはCIA爆破の犯人にされて、キャリーは病気のことが公になって入院させられることに。
 しかしそれは謀略のひとつで、CIAの計画する大きな作戦の布石の1つに過ぎなかった――

 面白さはシーズン1と2に比べるとガクッと落ちました。
 感じ方は人それぞれだから、シーズン3も1と2に比べて全く遜色ない、いやそれ以上に面白い、という人もいるかもしれません。
 私は、キャリーとブロディが恋仲になった点に感情移入できませんでした。
 この2人の関係を肯定的に見られるかどうかで「ホームランド」シーズン3の面白さはずいぶんと変わるはず。
 感情移入できれば、途中の展開はハラハラドキドキで、最後は号泣かもしれない。
 些細なことは気にならないでしょう。
 けど、感情移入できなかったので、逆に粗のほうにばかり目がいってしまうのかも。
 イランの防諜組織のトップを暗殺する計画だって、無人偵察機で爆撃したらいいんじゃない? と思うんですが、どうなんでしょう。
 もちろん、無人偵察機が爆撃した痕跡を残したら、アメリカが暗殺に関わったということになるのでマズいでしょうけど。
 もしくは(ブロディとは別の)スパイを送り込んで、暗殺させるか。
 どうにかして毒を盛ることだってできそうな気もします。
 わざわざブロディを二重スパイに仕立てて送り込む必要があるのかどうか。
 暗殺の準備には何年もかかるから、それならブロディを送り込んだほうが手っ取り早い、ということなのかもしれません。
 ま、そこに難癖をつけると、物語自体が成り立たなくなるのは分かってるんですけどね。

 主人公のキャリーも、公平な目で見れば、ものすごく問題のある人物にしか思えない。
 自分の考えがいつも正しい。
 だから上の命令は、間違っていると思えば無視。
 やるな、といわれたらやる(どっかの芸人じゃあるまいし)。
 仕事に私情を持ち込む。
 精神も不安定。
 上記の真逆の人物だったら、面白味に欠けて、主人公らしさが損なわれるのかもしれませんけど。
 物語の最終目標は難があるとは思うけど(ブロディが暗殺の実行犯になる説得力に欠ける)、筋運び自体は、リアルだと思います。論理的ではなく、場当たり的な部分は、とても現実的だと感じました。

 アメリカ軍、特に海兵隊だったら、仲間を見捨てることはしないでしょう。
 そんなイメージがあります。
 政府も同じだとは思いますが、CIAはちょっと特殊なのかな、という気もしますね。
 諜報組織なので、ヒロイズム的なものは通用しないはず。
 もし人道が第一なら、付け込まれる結果になりかねない。

 あと、最後に何か大事件でも起こるのかと思ったらあっさりと終わって意外でした。
 色々とケチを付けましたが「ホームランド」は水準以上に面白い海外ドラマだとは思います。
「ホームランド」シーズン4は、Amazonプライムに登録されたら真っ先に視聴しようと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-「ホームランド」関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.