まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

日記(雑記)

性格が真面目だという特性を考えてみる

投稿日:2016年2月7日 更新日:

LINEで送る
Pocket

横並びの人

真面目という特性について考える

 以前調理師として働いていましたが、そのときのお話。
 とある同僚(Aとしておきます)が、どうやら自分自身を真面目だと思っている気配がありました。
 酒を呑まず煙草も吸わず、ギャンブルも一切しません。

 筆者自身も、酒は弱くて、普段飲酒の習慣はありません。
 煙草は辞めました。
 ギャンブルは競艇を時々する程度です。
 世間の尺度でいうと、筆者も充分に真面目の部類に入るとは思います。

 けどそのAという同僚とはソリが合いませんでした。
 ある人はそれを「同族嫌悪では?」と指摘して、うーん、それは認めたくないけど、否定も出来ません。

 真面目と自分で思い込んでいるAさん、仕事が丁寧すぎて、速度は遅いほうでした。
 Aさんは、真面目である、という点に価値をおいている気配が見られたんですね。
「真面目」であれば遅くても問題ない、と思ってたのかどうかは、聞いたことがないから分かりません。

 筆者としては、同僚が真面目だろうと、不真面目だろうと、どちらでもいいです。
 重要視するのは仕事の速度かなあ。
 もちろん品質がないがしろになってたら駄目ですけどね。
 あと、不真面目過ぎて、人に迷惑をかける(組織のルールを守らないとか)のは駄目だと思います。

 結論をいうと、真面目を拠り所とするのは、それしか取り柄がないから、ともいえると思います。
 経済力のない男性が異性に誠意をアピールするのと一緒です。
 真面目なのは当たり前で、そこにプラスアルファが加わってはじめて優劣が決まるのではないでしょうか。
 真面目で、かつ仕事も丁寧で速ければ、それが最強かも。

 酒を呑まないとか煙草を吸わないとかギャンブルしないとか、どうでもいいですね。
 まあ最悪なのは、酒を浴びるほど呑んで、煙草をバリバリ吸って、有り金の全てはギャンブルで使って、しかも仕事の品質が劣悪で、速度も遅い、というタイプでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-日記(雑記)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ