まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

パソコン、スマートフォン、デジカメ関連

ゲートウェイのパソコン

投稿日:2015年9月19日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ギガバイトのMB

ゲートウェイというパソコンメーカー

 もうずいぶん前の話ですが、ゲートウェイのパソコンを購入したことがあります。
 梱包の段ボールが白と黒の牛の模様でした。
 なかにはパソコンと、CEOからのメッセージが入っていて(もちろん印刷物)、感激した覚えがあります。
 メッセージの内容は忘れましたが「弊社のコンピューターを購入していただいてありがとうございます。あなたのPCライフが豊かなものでありますように」みたいなものだったような。
 色々あってゲートウェイは日本から撤退し、さらに色々とあって、台湾のエイサーに身売りして現在に至ります。
 つまりゲートウェイというパソコンメーカーはいまは存在しない、ということです。
「ゲートウェイ」は、エイサーのひとつのブランドとして生き残っています。

エイサーは世界的なパソコン、及び関連機器メーカー企業

 台湾のエイサーは、日本では、あまり有名ではないかもしれませんが、世界的には大手の企業です。
 ノートPCの「アスパイアワン」シリーズは自分も使ったことがあります。

 パソコンに詳しくない人の一部は「台湾製のパソコンは安かろう悪かろう」だと思われがちですが、それは大間違いで、もちろん、台湾のメーカーで名もないような企業の作るパソコンだったら怪しいですが、エイサーが関わっていれば、まず品質は間違いはないでしょう。
 ちなみに、日本製のパソコンも中身は台湾製の部品を多く使っていることが多いです。
 台湾製だから品質が悪い。なんてことはありません。
 値段に比例するでしょう。

ゲートウェイのパソコンは買いか

 私はパソコンは自作してますが、もしメーカー製を買うとしたら、ASUSかエイサー(つまりゲートウェイ)のパソコンを選びます。
 東芝、NEC、富士通など、日本メーカーはどうしても割高です。
 極論かもしれませんが、中身は一緒です。
 なぜ日本のパソコンメーカーは割高なのか。
 おそらく、サポートが手厚いせいでしょう。
 逆にいうと、ASUSやエイサー(ゲートウェイ)は、サポートはあまり手厚くないということです。
 その分安価なわけです。

 なので、パソコン初心者は、割高でも日本製のパソコンを買ったほうがいいかもしれません。
 トラブルは自分で対処できる、または身近に詳しいひとがいる、ということなら、ASUSやエイサーでもなんら問題ないと思います。

 ネットサーフィンとか、文書作成とか、音楽鑑賞、動画鑑賞とかの通常の用途ならSX2885-N34Dで全く問題ないと思います。

 

 最新の3Dゲームをプレイしたい、ということなら、ビデオカードを追加しないと無理です。
 SX2885-N34Dはスリムタイプなので、ビデオカードの追加は厳しいでしょう。
 ロープロ用なら可能かもしれませんが……。
 もしビデオカードを追加したいなら筐体の大きなパソコンを購入する必要があります。


 M70ADは、すでにGT740というビデオカードがついています(あまり高性能とはいえませんが)。
 CPUもi5なので、どんな用途でもそこそこ使えるスペックだと思います。
 ネット閲覧とか、文書作成ぐらいしか使わないなら、間違いなくオーバースペックでしょう。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-パソコン、スマートフォン、デジカメ関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.