まかない食べるよ! 雑記ブログ

飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

タトゥーについて

      2016/02/04

LINEで送る
Pocket

刺青

タトゥーの是非

 タトゥーについて。
 ロシアのデュオのことではありません。
 もんもんといいますか、入れ墨、刺青、彫物のことです。

 自分は刺青はありませんし、どちらかというと否定的です。
 見た目で人を判断するな、という意見もありますが、やっぱり見た目は大事だと思います。
 もちろん、見た目が全てではない。
 けど、やっぱり刺青が入っているひとは(あ、そういうひとなんだな)って先入観を持ってしまいます。

 もし若気の至りで、ファッション感覚で、軽い気持ちで刺青をしたのなら、身も蓋もないけどアホです(シールじゃだめ?)。
 覚悟を決めて刺青を背負ったのなら、それは当人の問題だから外野が何かを言う必要はないでしょう。
 つまり、本来は、刺青はアウトローの印だったわけで、自分は普通の人じゃないよ、という宣言のようなものだと思うんですよね。
 覚悟をもって入れているひとに対しては、特に言葉はありません。

 多様性という観点からみると……決して悪いこととはいえないと思います。
 花でもなんでも、いろんな種類があるから、好き嫌いも生まれるわけで。
 花がひとつだけだったら、つまらん世界です。
 人間だって、真面目なヤツばかりだったら、面白くない。

 話はちょっとズレるけど、腰パンとかを個性とは思えないです。あれは猿まねだと思います。
 なので、ファッションとしての刺青は、理解できません。

 何が言いたいのかというと、覚悟を決めて刺青を入れるのは、それは当人の問題であって、他人がとやかく言う権利はありません。
 けど、格好いいから、または、あのひとも入れてるから、とかそんな軽い気持ちで刺青を入れるのは間違っていると思います。

 この前週刊誌で、若いときに入れた刺青を後悔しているアラサー、アラフォーの人々が多い、という記事を読んだので考えてみました。

関連ページとスポンサーリンク

 - 日記(雑記)