まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

読書感想

読書感想「青の炎」貴志祐介著

投稿日:2015年6月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

青の炎

 貴志祐介さんの「青の炎」です。
 話の内容はシンプルですが、設定や諸々の描写は怖いぐらいにリアルでした。
 殺人を犯すのは高校生なので稚拙な部分もあるかと思いきや、かなり周到に計画されます。
 しかしやはり甘い。
 1つのほころびがどんどん大きくなって、やがては取り返しの付かない事態に……。
 警察医はお爺さんですが、主人公の偽装を見破るところはさすがです。

思い込んでいたことが、実は違う。そのとき……

 思い込んでいた事実が実は勘違いだった、という部分では、愕然とさせられます。
 虚構の中にもう一つの現実があった、というような。

 知り合いは「こんな高校生いないよ、頭が良すぎる」と言いましたが、果たしてそうかな? と同意できませんでした。
 この程度(といったら失礼だけど)の高校生ならざらにいると思います。

 どんでん返しがある訳でもないし、先が読みやすい展開ではあるのですが、それでも先が気になって一気読みでした。

 ま、最初の殺人にいたる部分の、分刻みのスケジュールは、実際はあの通りには行かないはず。
 しかし小説としてならアリだと思います。
 結末や雰囲気などはスティーブン・キングの「ゴールデンボーイ」に似ていると思いました。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-読書感想

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.