まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

読書感想(コミック含む)

読書感想「功名が辻」司馬遼太郎著

投稿日:2015年2月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

巧妙が辻……タイトルがいい

 司馬遼太郎さんの「功名が辻」
 タイトルがいいと思います。
「功名の辻」ではなく「功名が辻」
 実にいい。 
「の」だと躍動感がありません。

 山内一豊って、歴史的には地味な人物だと思います。
 けどそれは現代からみたら、ということで、当時は一角の人物であったはず。
 秀吉や信長と比べるのは酷でしょう。

あくまで時代小説(フィクション)

 本書では、妻の千代を際立たせるためか、一豊は愚夫として描かれていて、それについて現代の山内家から批判があったそうです。
 そういう意味では、歴史小説というよりは時代小説(つまりフィクション)でしょう。
 元々は新聞連載なので、歴史的な考証は二の次なのかも。

 物語は長いですが、それほど苦もなく読めました。 
 合戦場面は迫力があります。
 時代小説でもたまに主人公がものすごく強い、というような設定で、敵をバッタバッタとなぎ倒す無双系のものもありますが、本作はあくまで現実に徹しています。
 城攻めでは顔に大けがとかするし(これは史実らしい)。

 忍者と対戦する場面もあり、異種格闘技のような感じでドキドキとしました。
 あまり強そうではない武士(あくまで小説の設定として)の一豊が、いざ対戦すると徐々に忍者を圧倒していくのは良かった。

 ちなみにこの忍者はフィクションのようです。
 後半いなくなって、存在意義がない、との批判があるようですけど、うーん、この点も特に気にはならなかったです。
 時代小説だし、新聞連載だし、仕方ないんじゃないでしょうか。

 一豊は合戦で敵将を討ち取ったり、城攻めでは一番乗りの手柄を上げているので、やはり一角の人物であったのだと思います。
 一豊は、晩年に四国王の立場になりますが、そこでの政治はあまり褒められたものではなかったそうです。
 なんでも複数の影武者を用意して、城から出るときは常に面頬(マスク)をつけていたそうです。
 恨みを買っていたので、暗殺される危険性があった、ということ。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-読書感想(コミック含む)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.