飲食店の賄い料理の紹介がメインですが、なんでもありの雑記ブログ。通勤用のアドレスV125やHuluなどのお勧め動画の紹介なども掲載。管理人は放送大学の全科履修生です(福岡)。

まかない食べるよ! 雑記ブログ

読書感想

読書感想「今夜、すべてのバーで」中島らも著

更新日:

LINEで送る
Pocket

※管理人の他ブログからの転載です。
 オリジナルの文章をボットで抽出しているひとがいるようで、他の場所に転載されていました。元々オリジナルが掲載されていたブログは削除済みなので、こちらがコピーと判断されることを考慮して、文章を改編しています。

今夜、すべてのバーで

 中島らもさんの「今夜、すべてのバーで」を読みました。
 私は酒はほとんど飲まないので、主人公の酒の飲み過ぎによる肝硬変とか、そんなアルコールに起因した病気に対しては共感はできませんでした。
 アル中は、遠くから眺めるぶんは、面白いといったら失礼だけど、観察の対象としては興味深いです。

 逆に、煙草吸わない、酒も呑まない、ギャンブルもいっさいしない。
 そんなひとは真面目とはいえるけど、どこか信用がおけない気がします。
 自分が不真面目な人間だから……なのかもしれません。
 どちらかに偏りすぎるのはよくない、ということだとは思います。

52歳の若さでなくなった中島らもさん……

 アル中の書いた小説というより小説家がアル中になった結果「今夜、すべてのバーで」が生まれた、ということでしょう。
 中島らもさんが52歳で亡くなったのはとても残念に思います。
 ま、中島らもさんの人生を振り返ると、仕方のないことなのかもしれません。
 短く太く、という人生だったように思います。

お酒好きによる、お酒を主題にすえたエンタメ小説

 主人公もいいですが、脇を固めるキャラも負けず劣らずにいい。
 主治医は最初は乱暴な人で嫌なイメージでしたが、この医者のキャラが良かったです。
 終盤まで読むと 人間味が感じられて印象がガラリと変わりました。

 全編を通してお酒に対する愛、そしてそのお酒を飲む人間に対するが愛が感じられる物語でした。
 私は下戸ですが、そんな下戸でも楽しく読める。「今夜、すべてのバーで」は、そんな傑作小説です。 
 けれども、お酒はほどほどに。

Sponsored Links

Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-読書感想

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.