まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。平日のみ更新。

読書感想(コミック含む)

読書感想「黄金を抱いて翔べ」高村薫著

投稿日:2015年2月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

「黄金を抱いて跳べ」? なんて素晴らしいタイトルなんだ……

 高村薫さんの「黄金を抱いて翔べ」です。
 同氏の作品としては初期の長篇になります。
 筋立てはシンプルです。
 結末もあっと驚くようなどんでん返しがあるわけでもありません。
 しかし、面白い。
 何がスゴイって、金塊を強奪しようというお話ですが、端折ってるところが皆無なところ。
 下見から計画、ダイナマイトの調達など、全てに渡って圧倒的なディテールで書き込まれます。
 それでグイグイ読ませるというのがまた驚きです。
 退屈な場面がほとんどありません。

 携わるキャラも生身の人間かと思わせるほどにリアルです。
 けど、2つほど気になった点があります。
 高村薫さんはクリスチャンではないと思いますが、幼少の頃にキリスト教の影響を受けたらしいです(少し調べましたが確認はできず)。
 そのせいか、作品の端々にキリスト教の影がちらつきます。
 この作品でも、教会や牧師が出てきます。

 私は宗教に造詣が深くないのでよく分からないんですけど、作品に宗教の色を出すというのは好きになれません。
 思わせぶりな雰囲気がイヤというか。
 もはや好みですが。 

 あとは同性愛です。
 同性愛を否定する気はありません。
 けど、その記述が出てきたときは驚きました。
 え? なんで? どうしてそうなるの? と。

 話の筋に不整合がある、というわけではない。
 そして他の人物が「ふふん、そうだろうと思ってた」みたいなことを言うんですが、もっと驚けよ! と思いました。
 けれど宗教と同性愛の2つを本作から排除すると途端に安っぽくなってしまうのも確かです。
 だとすれば、この2つも本書を構成するしっかりとしたパーツなのでしょう。

 井筒和幸監督の映画版についてはまだ観ていません。
 いずれ観てみたい。
 面白そう。
 ウィキペディアを見ていたら、歌舞伎の看板の1枚目2枚目の配役に似ていると気づきました。

「黄金を抱いて翔べ」の配役は以下の通りです。
幸田 主人公。
北川(兄) 主人公の友人、リーダー。
北川(弟) 高校を中退。
モモ 北朝鮮の工作員。
野田 システムエンジニア
岸口 エレベーター技術者

 主人公は幸田、道化は野田、まとめ役は北川で、相談役は岸口、お色気はモモ……。
 全部は当てはまっている訳ではないようです。
 おそらく……偶然でしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-読書感想(コミック含む)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.