まかない食べるよ! 雑記ブログ

雑記ブログ。コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、ブログ運営、通勤用125CCスクーター(アドレスV125)、料理関係などの話題を扱っています。

PR


読書感想(コミック含む)

読書感想「ゴールデンボーイ」スティーブン・キング著

投稿日:2015年1月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ゴールデンボーイ

 スティーブン・キングの「ゴールデンボーイ」を読みました。
 本作には、以下の2つの中篇が納められています。
「刑務所のリタ・ヘイワース」
「ゴールデンボーイ」

 前半に収録されている「刑務所のリタ・ヘイワース」は映画「ショーシャンクの空に」の原作です。
 ジャンルは脱獄ものになりますが、人間ドラマの側面が強いです。
 脱獄の場面も真に迫っていて、人間ドラマの部分と見事に融合しています。
 読んでいてスカッとする、というわけではなくてモヤモヤし通しなんですけど、それでも読後感はとてもさわやかです。
「刑務所のリタ・ヘイワース」も面白いけど、表題作の「ゴールデンボーイ」のほうが何倍も好きです。

「ゴールデンボーイ」は、頭の良い高校生(けど、ちょっと変人)と、ナチスの戦犯のお爺ちゃんのストーリーです。
 ナチスの戦犯は、身分を隠してアメリカ社会で隠遁生活をしているけど、高校生のトッドがそれを見破ります。
 無邪気な、未来のある(ように見える)少年と、煙草大好きで枯れかかった老人との対比はユーモラスです。

 トッドは当局に通報するかと思いきや、ユダヤ人虐殺についての話を老人にせびります。
 それは、少年の人生(もちろん老人の人生も)が狂い出すきっかけでした。

見事の起承転結

 ラストに至る過程が見事というしかありません。
 トッドは頭が良い。
 ドゥサンダーを支配しているつもりだった。
 しかしそれは見せかけに過ぎず、ドゥサンダーはトッドの弱みをしっかりと握っている。
 ここら辺の駆け引きはゾクゾクするほど読み応えがありました。
 かつてを回顧し、犬や猫を殺し、そして浮浪者を殺すドゥサンダー。
 トッドもまた、浮浪者を殺してしまう。

 精神に安定性を欠いたトッドは成績ががた落ち。
 ドゥサンダーはトッドの尻を叩いてどうにか軌道修正を計ります。
 企みは成功したかに見えました。
 しかし、些細なきっかけが重なり、ドゥサンダーの隠遁生活は終わりを告げます。

 トッドもまた、引き返せないところまで来ていました。
 FBIの捜査の手が伸びます。
 結末は鮮烈でした。

「ゴールデンボーイ」は映画にもなりました。
 レンタルで観た記憶がありますが、あまり詳しくは覚えていません。
 小説版にはとうてい及ばない出来だったのは間違いありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-読書感想(コミック含む)

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved.