まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

読書感想

読書感想「隠し剣 秋風抄」藤沢周平著

投稿日:2015年5月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

「酒乱剣石割り」が面白い!

 藤沢周平さんの「隠し剣 秋風抄」です。
 こちらは短編集です。
 木村拓哉さん主演の「武士の一分」の原作「盲目剣谺返し」が収録されています。
「盲目剣谺返し」も面白いんですが、私のお勧めは断然「酒乱剣石割り」です。
 冒頭の作品です。

酒乱剣石割りの主人公はアル中

 電車のなかで何気なく読み始めまして、あまりの面白さに途中で背筋を伸ばしました。
 しかも最初から読み直しました。
 主人公の弓削甚六のだめっぷりが滑稽で楽しい。
 アル中で、妻からは馬鹿にされ(しかも妻のほうが大柄)、妹は藩の上層部の嫡子に欺され、手込めみたいにされてしまう。
 しかもその妹が、実はまんざらでもない雰囲気というか。
 主人公の弓削甚六は情けないんですが、剣の腕だけは確か。
 お酒を飲んで酔っ払うと、益々その剣術が冴える、という特殊な性癖の持ち主です。
 これが剣の腕が人並み以下なら面白くもなんともないんですが、真逆なので格好いい。
 落差がしっかりあって、そういうはっきりとしたキャラとか物語が好みです。
 結末は……アンハッピーなんでしょう。
 最後の場面において、弓削甚六の人生の輝きというものを、確かに見た気がするんですが。
 けど、終わりでしょうか。
 あそこで。
 死ぬことはないにしても、藩という世界の中では、出世の道は絶たれるだろうし、だったら脱藩という結果になるのかも。
 ま、物語のあとのことを色々と想像するのも楽しいです。

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-読書感想

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.