まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

海外ドラマ「ナルコス」1話「奈落の底へ」の感想

投稿日:2015年9月12日 更新日:

LINEで送る
Pocket

海外ドラマ「ナルコス」の感想

 ネットフリックスのオリジナルドラマである「ナルコス」ですが、面白いという噂を聞いたので軽い気持ちで視聴しました。
 まだ1話しか観ていませんから全体の評価はできませんが、とりあえず1話のみの感想としては「ナルコス」は傑作の海外ドラマ! だと感じました。
 時々、海外ドラマを「映画のよう」と形容する場合がありますけど、実際に視聴してみると「いや、これはドラマだね」と思うことが多いです。
 けど「ナルコス」は本当に映画のような作りです。
 人が死ぬ場面が多いので、暴力的なドラマです。
 バイオレンス描写に抵抗がなければ、とても楽しめるドラマだと思います。

「ナルコス」は実話を元にしたフィクションのようです。
 アメリカの麻薬捜査官と、南米の麻薬王との対立がひとつの軸でしょう。
 1話「奈落の底へ」は、状況説明が多くて、そして過去の場面が多いので、物語の進行は遅いです。また、登場人物も多岐に渡るので、少し分かりづらい部分もあります。

 作中に、1970~80年代のアメリカや南米の情景が出てきますが、非常にリアルで(もちろん実際にこの目で見た経験はありませんが)レトロな雰囲気がとてもよく出ていました。 
 これだけでも観る価値はあると思います。

「ベターコールソウル」は面白かったけど、「ナルコス」はそれ以上かも……。
 ジャンルが全く違うので、比べるのはナンセンスかもしれません。

 とにかく、血を見るのに抵抗がなければ「ナルコス」はお勧めです。

「ナルコス」のシーズン1全体の感想は以下のエントリーをご覧ください。
海外ドラマ「ナルコス」シーズン1の感想

Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ