まかない食べるよ! 雑記ブログ

アドレスV125、コストコ関連、放送大学、海外ドラマ、料理関係などの話題を取り扱っています。雑記ブログ。平日のみ更新。

海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など 「ベターコールソウル」関連

「ブレイキングバッド」は最高の海外ドラマ?

投稿日:2015年9月11日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ソウル・グッドマン

「ブレイキングバッド」は面白い?

 最高に面白いと噂の『ブレイキング・バッド』ですが、自分は〝最高の海外ドラマ〟とは思いませんでした。
 面白くないか面白いかの二択なら、面白いと思います。
『24』とか『プリズンブレイク』とかと比べると『ブレイキング・バッド』は一段上かな、と個人的には思います。
 5シーズンで終わったのも好感度は高い。
 引っ張りすぎて訳が分からなくなって、キャストの恋愛ドラマになってしまう海外ドラマが多いけど「ブレイキングバッド」はそうはなりませんでした。

ウォルターが好きになれない

 自分は、主人公のウォルターに全く共感できませんでした。
 時折見せる、人を見下している性格が好きになれません。
 かつての同級生が大成功を収めている点だって、同級生の名前は忘れましたが、彼が賭に勝ったから成功者になった(つまりウォルターは賭に負けた)わけで、ウォルターの存在なんて関係ないでしょう。

化学教師なら純度の高い麻薬を作れる?

 化学の教師だから特別な麻薬が作れる設定も、経済学者が株式取引を行ったら億万長者になったよ的な胡散臭さを感じました。
 教師に関係なく、それは才能だ、といわれたら返す言葉もないけど、それなら化学教師である必要はないわけです。
 論理では上手くいく。
 それは分かります。
 頭の中ではそうかもしれない。
 けど現実は違うと思います。
 1+1が2になる世界、たとえばコンピューターゲームの世界なら、あり得るけど、実際は2じゃなくて0だったりマイナスだったり、100だったり……答は様々な要素が絡んで変わるはずです。
 ま、その点はドラマだからね、といわれたらそれまでですが。

ガスも、直感を信じていれば……

 マフィアのボスであるガスもちょっと……。
 最初はウォルターに冷たい態度を取りますが、結局彼を重宝するし。
 それは彼が品質の高い覚醒剤を作れるという理由があるのは分かりますけどね。
 ガスが自分の直感を信じてウォルターを遠ざけていれば、爆死なんてしなかったでしょう。

 色々と細部の設定などに不満はありましたが、それでも最後まで視聴したので、水準以上に面白い海外ドラマであるのは間違いないと思います。
 弁護士のソウルグッドマンは良かった。
 あれは好き。
 スピンオフの「ベターコールソウル」ですけど、話の内容は小粒だけど、本家「ブレイキングバッド」より自分は好きです。
「ベター・コール・ソウル」シーズン1の感想
ベターコールソウルのジミー

最高の海外ドラマは結局のところ……

 面白くなければ、途中で見るのはやめるので、その意味では「ブレイキングバッド」は面白かったと思うけど、各所で「最高の海外ドラマ」と評されるほどなのか? という疑問はあります。
 じゃあ最高の海外ドラマはどれか、ということですが……人それぞれでしょう。
 あるひとにとっては「ブレイキングバッド」だし、ある人にとっては「24」だったりするわけで。
 自分は、賛否はあると思いますが「デクスター」が海外ドラマの中では好きです。
「デクスター」は結末が駄目なので「最高の海外ドラマ」とはいえないとは思いますが、自分のなかでは「ブレイキングバッド」より遥かに面白い海外ドラマでした。
 あとは「Dr.house」も良かった。
海外ドラマ「デクスター」(シーズン1)の感想


Sponsored Links
Sponsored Links

関連ページとスポンサーリンク

-海外ドラマや映画、アマゾンビデオ関連など, 「ベターコールソウル」関連

Copyright© まかない食べるよ! 雑記ブログ , 2017 AllRights Reserved.

ツールバーへスキップ